2018-01-15

文殊さん定期報告1315

★雪、融けてきました!
★ランプの点滅、日中に復活・・!
★道の駅前のバイパス工事本格化!

本日2018/1/15(月)は、米軍基地工事開始から1330日目(3年と234日)、レーダー搬入より1182日目(3年と88日)、本格稼働1117日目(3年と21日)でした。

今朝の気温は2度、青空も見える明るい朝になりました。文殊さんの雪は相当薄くなって、参道にも車で入ることができました。昨日のお参りの方の足跡が複数あって嬉しくなりました。国道の雪はもうほとんどありません。

今朝も緑のサイトのランプは消えたままでした。夕方には久しぶりに点滅しているのが見られましたので、昼の間に復活したのでしょう。どうやら5日間ほど消えていたようです。何をされていたのか・・。レベルは1強。入口ゲートの奥に二期工事のプレハブがスペースを占めて少し混んできた感じがします。

自衛地工事は今週20人体制、残土の運び出しを10tダンプ50台でやっています。残土は伊根町へも運んでいるようです。

道の駅の前のバイパス工事はいよいよ本格化して、正月明けからは田んぼの中の道は一般車進入禁止となりました。拡幅と埋め立てかさ上げの工事をさかんにやっておられます。

道がよくなると喜ぶ方もおられますが、こんなに急いでの大きな拡幅工事は地元の者のためというより、今後この道を通したい大きな軍用車(もちろん日米両方の)のためのものというのが第一の目的ということでしょう。当局は何も言いませんが、特に地元の人間はそういうことをしっかり肝に銘じておかねばなりません。

1/15(月)夜

Original post in Facebook