2018-02-02

文殊さん定期報告1333

★雪、どんどん融けてます。
★この冬は融雪剤が目立たない!
★基地問題、国政とともにもうすぐ5年!!

本日2018/2/2(金)は、米軍基地工事開始から1348日目(3年と252日)、レーダー搬入より1200日目(3年と106日)、本格稼働1135日目(3年と39日)でした。 

積雪から3日経って、雪もだいぶん融けてきました。もう1回大きな寒波が来そうという話もありますが、可能ならこれで終わりにしていただきたいという気持ちです。明日はもう節分、明後日は立春と確実に春に向かっています。

雪にかかわって気が付いたことですが、この冬は海岸沿いの国道にあまり融雪剤(塩化カリウム)が撒かれていません。昨年までこの寒い時期は凍結防止の融雪剤が盛んに道に撒かれ道が真っ白になっていましたが、今回はほとんどそういうことがないように思われます。何か方針が変わったのか? 米軍が来てから特にその白さが目立っていたのですが、新しくそれに変わるものでもできたのか、それとも車の錆を促進するという苦情や批判に対応してのことなのか、少し気になっています。

今朝も雪の中を歩いてのお参りとなりましたが、境内の雪も減ってきました。この雪の加減か、「今月の言葉」が少し遅れておられるようです。
発電機の音が相変わらずにうるさい中で、基地そのものは変化ありません。二期工事関係は仮囲い、新ゲート設置と着々と作業が進んでいるようです。
15回目の「安安連」がおそらく今月中にあって、そのあたりで今後の話が出てくるのではないかと思ったりしています。

今月の下旬にはここの米軍基地問題が起きてから丸5年になります。思い返せばこの5年、第2次安倍政権が発足してその異常な軍拡政策が強行されてきた5年間です。この間に衆議院、参議院それぞれ2回ずつ計4回の国政選挙があり、その選挙に悉く安倍さんが勝ってその異常な政策に拍車がかけられてきました。2013年の秘密保護法、2015年の戦争法制、2017年の共謀罪、いずれもこの5年間の産物です。
これらの出来事の最前線にいつも経ヶ岬がありました。
そしてその仕上げが、今年彼らが狙う「9条改正」ということになります。

このままでは日本という国が壊れてしまう。改めて今年という年の重要さを思います。
明後日の沖縄名護市長選挙、何としてでも勝たねばなりません。

2/2(金)夜

Original post in Facebook