2018-02-04

文殊さん定期報告1335

★今月の言葉、「縁があって 支えあって・・」!
★三角地でボーリング!
★稲嶺さん、ありがとう!!

本日2018/2/4(日)は、米軍基地工事開始から1350日目(3年と254日)、レーダー搬入より1202日目(3年と108日)、本格稼働1137日目(3年と41日)でした。 

今日は立春。今朝は放射冷却で道はバリバリの凍結、氷もあちこちに張っていました。午前中はとても良い天気、午後からは崩れてきましたが、雪の降り方はそんなに激しくはありませんでした。明日からが気になります。

今月の言葉をようやく拝むことができました。
「ご縁があって つながって 支えあっての 人生だから」
人の縁に支えられてこの報告も続いています。

日曜日で基地は人も車も少ない感じですが、三角地で地質調査のボーリングが始まっていました。例の三角の櫓が崖沿いに立てられ、関連の機材が近くに置かれています。この崖沿いに新しい市道が作られる予定とのことです。

沖縄の名護市長選挙は、米軍辺野古新基地建設反対を唱え3選を目指した稲嶺さんが敗れました。この報告でも応援させていただいておりましたが、とても残念な結果です。
期日前投票が44%、直近の4年間に3000人もの転入者が市にあったという少し異常なことも報道されています。何か長期的で組織的な大きな力が働いていたのではとも思われます。
ともあれ、稲嶺進さん、8年間全国に勇気を与えていただきありがとうございました。

2/4(日)夜

Original post in Facebook