2018-02-06

文殊さん定期報告1337

★また大雪警報! 
★基地も連日雪との戦い・・!
★北朝鮮より、米軍や自衛隊がよほど危ない・・!

本日2018/2/6(火)は、米軍基地工事開始から1352日目(3年と256日)、レーダー搬入より1204日目(3年と111日)、本格稼働1139日目(3年と43日)でした。

今朝も新雪が20㎝弱。昼間は青空が出て良い天気でしたが、午後4時頃にまた大雪警報が出て夜には雪がちらついています。予報では断続的にまだまだ続くとのこと。何とも・・。

今朝のお参りは例によって参道へ入れずで時間がなくて本堂までたどり着けず。夕方、警報下の夕日を背負って何とか済ますことができました。昨日の足跡は当然ながら消えていました。毎度のことですが、とにかく風が凄かった。

基地は日米ともにまずは雪との戦い=除雪作業からというのが連日の様子です。
米軍側は二期工事関係の動きはありません。この雪が関係しているのかどうかは分かりません。自衛隊工事は今週15人体制ですが、それこそこの雪でとてもできていないように思われます。

今日のマスコミは佐賀県神埼市の自衛隊攻撃ヘリ墜落事故と株価大暴落で大騒ぎです。

北朝鮮の肩を持つわけでは毛頭ありませんが、そのミサイルより在日米軍のヘリや自衛隊のヘリの方がよほど日本国民を危険にさらして実害をもたらしているというこの現実。
「専守防衛は毫も変わらない」と言いながら、護衛艦を空母に改造し、攻撃用ヘリが実践訓練をバンバン行っている、この無理が事故を起こす。これだけの事故のバックには、軍事機密で外に出されないだけで、何百件の小中の事故が起きているはずです。

一方でアメリカの株価大暴落を受けて、日経平均も大暴落です。もともとが0金利、マイナス金利という異常な状態でも株価を維持できずに国債や年金資金で株価を無理やりテコ入れしてきたという化けの皮が剥がれてきたということでしょう。ここでも無理の破綻が事故を呼んでいます。

選挙に勝ちさえすれば何でもできる。5年間のツケはとめどもなく高くたまり続けています。

2/6(火)夜

Original post in Facebook