2018-02-08

文殊さん定期報告1339

★雪、更に30㎝! 
★雪の中、レーダーは動いているのか・・!
★1/24からの自衛隊訓練、目的は米軍防衛・・?

本日2018/2/8(木)は、米軍基地工事開始から1354日目(3年と258日)、レーダー搬入より1206日目(3年と113日)、本格稼働1141日目(3年と45日)でした。

今朝新雪は15㎝くらいでしたが、その後昼過ぎまでずっと降り続けてさらに30㎝程も積もりました。50㎝くらいにはなったか、ほんとにしつこい雪です。大雪警報の連続弾で小中学校の休校が続いています。高校は学校判断ですが、雪だけでなく水道の凍結断水も重なって対応に苦慮しておられるようです。

今朝のお参りも本堂まで行けず、基地周辺の除雪もままならずで国道を通っただけとなりました。改めて夕方に行きましたが、雪の量が半端でなく(境内でも深いとことは50㎝ほど)山門も本堂も周りの雪山が巨大になってきています。

米軍の緑のサイトの周辺も雪が多くなっていますが、露天にさらされているレーダーやその周辺の除雪はどうなっているのか、特に除雪をやっておられる感じもしません。この降雪や積雪の中でレーダーはまともに動いているのか・・。
昨日の夜も今日の夕方もサイト前のランプが消えていたようです。その時だけだったのかも知れませんが、止まっている可能性もあるような気がします。

そのようなことがあるのなら、こんな場所にレーダーを置くこと自体が間違いでは。 二期工事などと言わず早々に撤去されるのが最もベターは判断ではと思ったりします。そうすれば日本では誰も困るものはない。

1/23(火)から自衛隊に訓練車両が来ていると報告しましたが、24日(水)から26日(金)まで車両30台、隊員100人以上で大掛かりな訓練がやられていたということです。その内容はよく分かりませんが、基地地元では「米軍を守るための訓練」ということが広報されたと聞きました。当局に確認してみたいと思いますが、本当なら大変なことです。

自衛隊は言うまでもなく「専守防衛」で我々日本人を守るためのものです。なんでわざわざ世界最強の米軍を守らねばならないのか、まして経ケ岬の地でそれが必要ということは、米軍レーダー基地を自衛隊が日常的に防御するということなのか。これは大問題です。

そんな中、議員懇談会が来週にあります。詳細を写真の最後にアップしておきますが、丹後町は2/14(水)に丹後地域公民館(間人)で19:30からです。お聞きしたいことが増えてきました。

2/8(木)夜

Original post in Facebook