2018-02-09

文殊さん定期報告1340

★一日、晴天! 
★サイトのランプ、点いていません・・!
★冬季五輪開幕! 「対話は意味がない」・・?

本日2018/2/9(金)は、米軍基地工事開始から1355日目(3年と259日)、レーダー搬入より1207日目(3年と114日)、本格稼働1142日目(3年と46日)でした。

今日は朝から晴天、その関係で気温が下がって気温も氷点下、道はどこもバリバリのアイスバーンでした。道の雪は日中にだいぶん溶けましたが、除雪のできているところとそうでないところと、運転しずらいことこの上なしという状況でした。
明日も晴れが続くということですが、日曜からまた崩れるとのこと。外れてほしい予報です。

今日のお参りも、朝は本堂まで行けずに周辺を拝ませていただき、暗くなってからの本参りとなりました。境内の雪は例年になく多く積もっています。黒松などが折れたりしないか心配です。

米軍の緑のサイト前のランプはやはり点滅していないようです。雪の関係かなと思ったりします。昨日上げた発電機の画を見て、東側(袖志側)の白い防音壁が分厚くなっているのに気が付きました。いつの工事なのかは知りませんが、防音シートで見えなかった時期のものと思われます。袖志側の音はこれで変化があったのだろうか・・。

韓国平昌での冬季五輪が開幕しました。出席のため訪韓している安倍総理と韓国の文在寅大統領の会談があったとの報道がありました。その際、持論の「対話のための対話は意味がない」と言われたそうです。詳しいやりとりまでの報道ではありませんでしたが、五輪へ向けての韓国北朝鮮の対話についてもこの言葉で批判されたのかとビックリしました。そういうことなら、あまりにも節度と常識を欠いた、五輪という平和の祭典に敢えて水を差す発言と言わねばなりません。

2/9(金)夜

Original post in Facebook