2018-02-17

文殊さん定期報告1348

★不点滅、更に続く!  自衛隊工事、本格再開!
★日米共同ミサイル防衛訓練!?
★北部自治体学校、明日! 

本日2018/2/17(土)は、米軍基地工事開始から1363日目(3年と267日)、レーダー搬入より1215日目(3年と122日)、本格稼働1150日目(3年と57日)でした。

今日は一日曇り空。予報には雪もありましたが、雪はたまに少し舞うくらいでした。明日も似たような予報ですが、積もるほどは降らないことを願っております。

基地の様子ですが、やはり緑のサイトの赤ランプは点いていません。ランプそのものが壊れたり、もう点けないことにしたのかも知れません。でもサイトはとても静かです。
車の数もレベル1くらいが続いています。

自衛隊の工事も本格再開のようで、朝から残土撤去のダンプが待機して開始時間を待っておられました。

「日米共同統合防空・ミサイル防衛訓練」というのが、2/16(金)にやられています。実施場所は、空自の横田基地、春日基地、那覇基地と米海軍の横須賀基地であり、その内容は①弾道ミサイル対処における日米共同対処、②防空戦闘における日米共同対処とのこと。昨年までは自衛隊だけでやっていたものを今年は米軍と一緒にやる、という但し書きもあります。

集団的自衛権がこういう風にどんどん既成事実として具体化されているということです。

弾道ミサイルなら、文殊さんのXバンドレーダー、防空ミサイルなら岳山のドームレーダーが直接関係することは十分に考えられます。2/16(金)にはここではあまり感じませんでしたが、2/20(火)から2/23(金)までの期間にもやるということです。何か動きがあるのかも知れません。

明日は福知山中丹勤労者福祉会館で北部自治体学校というのがあって(13:30~)、「憂う会」から基地問題の報告を20分ほどやります。興味ある方、よかったらどうぞ。

2/17(土)夜

Original post in Facebook