2018-02-20

文殊さん定期報告1351

★今日はよい天気。
★基地は一応変化なし!
★三沢で、米軍旗のトラブル! 

本日2018/2/20(火)は、米軍基地工事開始から1366日目(3年と270日)、レーダー搬入より1218日目(3年と125日)、本格稼働1153日目(3年と60日)でした。

今日はよい天気でした。ですが、気温はけっこう寒く雪も一気に融けるという感じではありません。昨日から二十四節気の雨水に入りました。もう雪はいいにしましょう。

文殊さんの雪も山門や本堂の周りはまだたくさんあります。
基地の様子は一応同じようなものです。サイトのランプは今日も点いていません。発電機は元気です。レベルは1.5。
自衛隊工事は残土が相当に減ってきました。

今日青森県の三沢基地で米軍機の事故があったようです。離陸したF-15がエンジントラブルを起こし、燃料タンクを地上に切り落としたとのこと。その燃料タンクが蜆漁真っ盛りの小川原湖に落下し、その燃料が湖に流れ出して漁ができなくなっているとのことです。
少し飛べば太平洋があるのにそれができないほど緊急な事故であったということのようですが、危ないことこの上なく、漁業者への被害も甚大です。

米軍事故と言えば沖縄へ目が向きがちですが、米軍基地は本土にもたくさんあって(当然経ヶ岬もその一つ)、このように事故が繰り返されていす。
先日の佐賀県の自衛隊事故も含め、このところやたらに多くなっています。

2/20(火)夜

Original post in Facebook