2018-02-23

文殊さん定期報告1354

★本堂の屋根から瓦!
★二期工事サイドに動き!
★知事選候補者に質問状を!! 

本日2018/2/23(金)は、米軍基地問題発生から1783日目(5年と2日)、米軍基地工事開始から1369日目(3年と273日)、レーダー搬入より1221日目(3年と128日)、本格稼働1156日目(3年と63日)でした。

今日は青空の広がる割といい天気でした。雪と寒さの異常に長かった今年の冬もようやく春へ向かってきたかという感じです。

文殊さんは山門と本堂の軒下の雪山が日々少しずつ減っていきます。
本堂の雪山に異質なものがあってよく見ると瓦でした。数枚落ちています。雪がズレ落ちる際にめくられたもの(先日の雪は量が多かった)と思われます。本堂の屋根を見てもそれらしい剥がれは分かりませんが、長方形のものが3・4枚落ちてきています。
今後、雨漏りとか心配です。

基地への人の出入りが増えてきました。今朝はレベル1.5。二期工事サイドへの業者も朝から何台もやってきていました。夕方にはその作業事務所のプレハブが一つにまとめられて2階建てとなっていました。
ですが、例のランプはやはり点かないままです。
自衛隊工事も朝から乗車の車が何台も来ています。

4月8日の京都府知事選挙に向けての動きが活発化してきています。最近の報道では山田知事の引退後を二人の新人が争う構図になりそうとのことです。二人とは与党+αの推す中央官僚出身の西脇さんと、反与党勢力の推す弁護士の福山さんのことです。西脇さんは山田府政の継続をということでしょうし、福山さんはその批判的発展をということだろうと思われます。私たちは米軍基地問題について、山田知事に対して様々な申し入れや取り組みを行い、その対応の不十分さを批判させていただいてきました。

そこでこのお二人に(もしもっと増えればその方にも)、丹後の会を中心に公開質問状を出そうということになりました。その内容や回答などはまた報告しますが、昨今のきな臭い情勢や米軍、自衛隊の事故などが多発する中でどのようなお答えをいただけるのか楽しみです。
思えば2年前の京丹後市長選ではこの質問状が大きな役割を果たしたました。

2/23(金)夜

Original post in Facebook