2018-03-04

文殊さん定期報告1363

★春です!
★二期工事、「春頃」・・?!
★基地と憲法について話す!

本日2018/3/4(日)は、米軍基地問題発生から1792日目(5年11日)、米軍基地工事開始から1378日目(3年と282日)、レーダー搬入より1230日目(3年と137日)、本格稼働1165日目(3年と72日)でした。

昨日に続いてぽかぽかの陽気となりました。あの雪は一体何だったのかと思われるような一日でした。春です。

今日は日曜日で工事関係はお休み、基地は例によって日米ともに最少人数という感じでした。サイト前のランプに変化はありません。内部のことは分かりません。

このところ慌ただしい二期工事関係ですが、先日の「安安連」15の資料を見ると、春頃に隊舎の工事開始というようなことになっています。電線の引き込みは7月頃ということでその受電気をアメリカで現在作成中とのこと。督促は受けていますが、早くなる気配はありません。
自衛隊工事はこの3月末ですべて終了の予定。新しい2週間の工事予定表では残土撤去が明日からの一週間で終わるようです。

今日は某労組の青年部の方々20人ほどに、経ケ岬の基地問題と今話題の憲法についてお話させていただきました。ポケット憲法で日本国憲法の条文を読みながら、今の政治との比較をさせていただき、かつての大日本帝国憲法と今の日本国憲法の違いは何なのか、それはどういう事情からそうなったのか、そしてその日本国憲法の下でどんなことがやられてきたのかということを話したあとで、具体的な丹後の基地問題を解説するという内容でした。

「若い人に根本的なことから」という要望でそんな内容になったのですが、いつもの基地の話ばかりと違ってとても新鮮な経験になりました。
「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し」(前文の第一段落の一部)などという生の文章を始めて意識して読んだという方が多かったようです。
最期にこの憲法を大切にできる方に京都府の新しい知事さんになってほしいという思いを伝えました。

3/4(日)夜

Original post in Facebook